施術の流れ

1 問診/視診 

まず、予診表にご記入いただき、患者さんの症状を把握してインフォームドコンセントをしっかりします。

 

 

 

 

2 状態の確認、動診、検査

症状を確認しながら動きのチェック、筋力のチェック、痛みのチェックをして施術の方針を決めていきます。

 

 

 

 

3 施術 (腰部の施術例)

動きのチェック 痛みのチェック
筋力チェック 施術
 
その後、施術前との違いをチェック 場合によって、テーピングや固定をします。

 3 施術 (捻挫の施術例)

腫脹や熱感、痛み、動きのチェック
骨折がないかを確認
アイシング
固定
・テーピングのみ
 ・テーピング+包帯
・プライトン固定
終了
場合によって、松葉杖を使います。