スタッフ紹介

 

[院長] 野尻 秀樹(のじりひでき)

院長 野尻 秀樹

神奈川県出身。
高校卒業後、柔道整復師の世界に入り、赤塚淳一先生を師事。その後一度治療の世界を離れ、カナダでインディアンと共生した経験を持つ。平成13年より再び荻窪接骨院にて治療を始め、青山正先生を師事する。
平成23年おはよう接骨院を開院し、延べ10万人以上の患者の治療を行っている。
従来の筋骨格系中心の治療に留まらず、内臓・頭蓋骨調整・エネルギー療法を駆使し、患者の全身治療に力を注いでいる。

[スタッフ] 鎌田 真弓(かまたまゆみ)

スタッフ 鎌田 真弓

助産師歴12年。
これまで総合病院や産科クリニックで出産に携わる。妊婦さんや産後のママ、赤ちゃんとの関わりの中で、助産師として整体の知識を身につけ、健康な身体作りをお手伝いしたいと考え、2年前よりクラニオセイクラルセラピーを学び始める。
お手当の素晴らしさに気付き、さらにステップアップするべく、内臓調整テクニック・クラニアルテクニックを学び、現在に至る。

[スタッフ] 吉田 安澄(よしだあずみ)

スタッフ 吉田 安澄

立教大学理学部数学科卒業後、一般企業に就職。
その後、アロマトリートメントなどを行うセラピストに転身し、手当てによる体の変化に魅了される。本格的な体の仕組みを学びたく、柔道整復師専門学校に入学。当院長と同じ、荻窪接骨院にて柔道整復師の基礎を学ぶ。当院開業と共にオープニングスタッフとして勤務。途中、出産子育ての為一度おはよう接骨院を離れていたが、2017年4月より復帰。
4歳男の子と1歳女の子の母。
治療の得意分野は、筋膜リリース療法、ねんざ肉離れなどのケガの治療など。